NEWS

2016/04/01

cometシリーズ  “さくら”の在庫なし状況について

4月 2週目をめどに現在制作中です。
すべてシルバーに油彩のため、制作時間を要しています。
しばらくお待ちください。

_C0801a02dd3

2016/03/15

ioplus2

ioplus1

press_大人のおしゃれ

大橋歩さんの制作されている雑誌
「大人のおしゃれ13」春と夏’16にCHIMASKI cometが掲載されています。

2016年3月

2016/03/14

20160314155609-0001

20160314155600-0001

press_ミセス

ミセス4月号にCHIMASKI cometが掲載されています。
cometは定番のはっぱと桜、てんとう虫が新登場です。

2016年3月

2016/02/04

P1000254_

P1000256_

P1000329_

P1000343_

 

CHIAMSKI

“Luxury”
2/2 – /15
10:00 – 21:00 最終日は18:00まで
恵文社一乗寺店(京都)

 

網戸に刺繍が作品以外の見る部分です。
ぜひご来場ください。

2016/01/26

スクリーンショット(2016-01-24 17.40.04)

 

この展示のための課題

1「Luxury」

ラグジュアリー、リッチ、リゾート、デラックス。贅沢に類する言葉はラ行が多いが、ラ行についてあらためて考えてみます。
贅沢とはどのような状態のことを言うのか。とか、贅沢はお金がないとできないのか。とか。
「明るいうちにお風呂に入る」「外国語の中に居るといつもより自分らしくなれる」そういうことが贅沢と感じる気持ちがあるとすれば、
キラキラ繊細なJewelryのように絵に描いたような贅沢だけではなく(ラ行)、
他の形態もあるはずなので(not ラ行)、それを探して提案します。

2「pair」

ペアの指輪はおそらく大きなマーケットを持っているけれども、それは少し昔に作られた“幸せの型”に由来していて、
今ではその型の中といえば、空洞となっているように思えます。
型だけは残っているけれど本質的なものはよく分からない状態になっている証拠に、
世の中には心ないデザインのペアの指輪が多すぎます。
人が見ているのは主にそのペアがどんな風に自分と相手を結ぶかではなく、
いくらするか、私に(私たちに)いくらかけてくれるのか?のように見えます。
バカバカしいのにもほどがあるので、おかげでペアの領域は隙だらけ。
男性女性が出会って惚れあってキスをして。
そこにJewelryは必要ない気がするのだけれど、
そういう惚れ惚れした時は永遠に続くことはないために、
旬を過ぎてからの愛や恋のために今よりマシなペアを考えます。

2016/01/24

スクリーンショット(2016-01-24 17.40.04)

毎年1回だけ、京都 恵文社で開催している
CHIMASKI と京都造形芸術大学の学生による展覧会
今季のタイトルは  “LUXURY”

2/2(tue)〜/15(mon)

恵文社一乗寺店
10:00 – 21:00

開催されます

この機会にお立ち寄りください

2016/01/06

IMG_7247CHIMASKI iPhone cameraroll_30

 

新春のお慶びを申し上げます。
本年もよろしくお願いします。

 

三条大橋(京都)にて

2015/12/29

IMG_7174 IMG_7157 IMG_7164 IMG_7166

1/5-17 2016

金沢21世紀美術館 キッズスタジオにて
「魔法のジカン」展

2015年の夏から金沢市内の中学生と作ってきたモノゴトを展示しています。
金沢へ行かれる際にはお立寄りください。
(コタツで卓球することをおすすめします)

 

2015/12/20

CHIMASKI studio 休暇について

12/30wed – 1/6 wed
上記の期間はお休みいたします(web shop含む)

2015/12/14

Exif_JPEG_PICTURE

CHIMASKI iPhone cameraroll_29

 

日本でも駅地下などでしばしば見られる、
果物をその場でミキサーにかけて作るフレッシュジュース。
そのパッケージを変えると見え方が変わる。
買う人の層が変わる。それをテイクアウトすることがお洒落であるかのようなイメージ。
ファッションとほど遠かったものごとをファッション化している。
このお店の店員さんは男性のみでイケメンを揃えていた。

Copemhargen(デンマーク)にて

READ MORE
ページトップへ戻る